calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

カテゴリー

過去の記事

紙のストロー(カナダのプラスチック問題)

ランチを食べにフードコートへ行った。

 

久しぶりにSUBWAYのサンドイッチを注文した。

 

子供たちが野球をしているときは試合前によく食べたもんだ。
遠征試合でダブルヘッダーの間の時間にも買って食べていた。

 

SUBWAYのサンドイッチ

 

ここのサンドイッチにはフットロングサイズハーフサイズがある。


フットロング(foot long)は文字の通り「足の長さ」サイズだ。


12インチ(=30.48cm)ある。

 

\(^o^) (v^-^v)
おじさんもフットロングを注文したのですかぁ?

 

あははは、そんなに食べられないよ。
ハーフサイズさ。

 

飲み物はコーラを頼んだ。

 

ストローでできていた。

 

SUBWAYのストロー

紙のストロー


実は2019年の6月にカナダの首相であるジャスティン・トルドー2021年までにプラスチックの使用を禁止するという方針を発表した。

 

うちの家内も大賛成だ。

 

\(^o^) (v^-^v)
おばさんはあまり政治の話に興味ないですよね

 

ジャスティン・トルドーが言ったからだと思う!
何せ彼は男前だからの。

 

ジャスティン・トルドー

カナダの首相 ジャスティン・トルドー


SUBWAYはいち早く紙のストローに代えたが、カナダの大手のチェーン店であるTim Hortonsはまだプラスチックストローを使っている。

 

今年中にはプラスチックから紙のストローに代えていることだろう。

 

Tim Hortonのストロー

プラスチックのストロー

 

世界中でプラスチックごみが問題になっている。

 

クジラの死体から40キロものプラスチック袋が出てきたし、海ガメの鼻の穴にストローが刺さっているのをテレビで見た。
海中にはたくさんのプラスチックごみが浮いている映像を見たし、の中にもマイクロプラスチックが入り込み、それを人間が食べているそうだ。

 

カナダでは年間で約300万トンのプラスチックごみが廃棄されているらしい。
そしてカナダ国内で使用されるプラスチック製品のうちリサイクルされるのは10%未満という。

 

ちなみに日本は米国に続き1人あたりのプラ容器の廃棄量が世界で2番目に多い。

 


今までプラスチックでいろんなものを作ってきた。
身の回りの品物を見渡してもすぐに目に付くほど普及している。
それらが全く無くなるということは考えられないが、減っていくのは確かだろう。

 

どこかの国ではバナナの葉っぱをお皿や容器にして使っていた。

 

\(^o^) (v^-^v)
とてもいいアイデアですねー

 

日本も早くプラスチックに代わる商品を開発して欲しいね。


マイクロプラスチックは小さなプラスチック粒子のこと

 

Tim Horton ティム ホートン

カナダ最大のチェーン店 Tim Hortons