calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

カテゴリー

過去の記事

バンクーバーの公園には大きな鳥がいっぱい

バンクーバーには芝生が敷き詰められた公園がたくさんある。

今の時期、芝生の上を歩くときには用心しなければならない。

 

\(^o^) (v^-^v)
どうしてですかぁ?

 

それは、、、こんなものがところどころに落ちているからだ。

 

カナダガンのウンチ

 

\(^o^) (v^-^v)
これは何ですかぁ?

 

ウ・ン・チ!

 

\(^o^) (v^-^v)
おじさんのですかぁ?

 

バカこくでない!
が違うだろうがッ!

 

これはカナダガンフンだ。

 

カナダガンの群れ

公園の芝生に群がるカナダガン

 

バンクーバーのいたるところにいるカナダガン(雁)
英語では”Canada Goose”という。

 

カナダガン渡り鳥で、もうすぐ南の暖かい場所に移動する。
バンクーバーからだとカリフォルニアメキシコ北部の方まで飛んでいく。

そのために今十分腹ごしらえをしておかなければならない。

 

カナダガンは基本的に草食動物だが、小さい昆虫や魚類を食べることもあるらしい。
公園で芝生をむしゃむしゃ食べている姿をよく見る。

 

\(^o^) (v^-^v)
だからウンチも緑色をしているのですねー

 

エサをついばむカナダガン

大きな鳥、カナダガン(一生懸命エサを食べている)


最近では怠け者の鳥も多く、南に飛んでいかず、バンクーバーに残ったままのカナダガンも多くいる。


バンクーバー最も寒い月平均気温が4度ぐらいあるから、暖かいので居ついてしまうのかもしれない。


カナダ人は生き物を大切にするので危害を加えないし、カナダには自然が多くてエサも豊富にある。

 

それに、この辺は天敵であるコヨーテやキツネもほとんどいないからね。

 

あっちにもこっちにもカナダガン

あちらこちらにいるカナダガン


ところで、カナダガンは大きい鳥だ。
羽を広げると180cm以上にもなる。


平均体重はオス6.5kgあり、メス5.5kgある。
メスはオスより15%ほど小さい。

 

過去に見つかった最も大きいカナダガンは、重さが10.9kg、羽を広げると224cmもあったそうだ。

 

まるでカナダガン界のジャイアント馬場だね。

 

\(^o^) (v^-^v)
春にはまだ小さくて可愛い赤ちゃんでしたねー

 

そう、人間もそうだが赤ちゃんや幼い頃はみな可愛い


秋にはデカくなって親と同じ大きさになったけどね。

 

カナダガンの親子

春に見たカナダガンの親子たち


カナダガンはVの字にきれいに並んで飛行する。
大体1kmほどの高さのところを飛ぶそうだ。

 

V字飛行を見ると「秋だなあ」って思う。。。