calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

カテゴリー

過去の記事

バンクーバーの野球チーム

今年の野球の話題はと言えば、

 

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
大谷選手!
 

そうじゃの。

 

日本でも北米でも彼のことを話題にしている。

 

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
背が高くて、顔もいいですねー

 

性格もよさそうだしね。

 

それに、何といっても大リーグ活躍していることが凄い!

 

こりゃあ、世の独身女性が放ってはおかないね。

 

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
大谷君、見た〜い

 

そんなに見たければシアトル・マリナーズと試合するときにシアトルに行けばいい。

 

バンクーバーからだとシアトルまで3時間ほどで行ける。

 

イチロー選手もいるしね。

 

ナッツ・ベイリー・スタジアム 02

過去に活躍した選手たちが描かれている壁

 

カナダにも大リーグのチームが1つだけある。

 

カナダ東方のトロントにあるトロント・ブルージェイズだ。

 

残念なことにバンクーバーには大リーグのチームがない。

 

でも、野球が好きな人はバンクーバー・カナディアンズを見行く。

 

カナディアンズのホームグランドはダウンタウンから10分ほどのところにある。

 

ナッツ・ベイリー・スタジアム 01

ナッツ・ベイリー・スタジアムの正面ゲート

 

この野球場は長年Nat Bailey Stadium(ナッツ・ベイリー・スタジアム)と呼ばれていた。

 

しかし、2010年に銀行の名前が前について、Scotiabank Field at Nat Bailey Stadiumという。

 

この野球場の運営にこの銀行が加わったので、「わしらの名前も付けろー」ってことになったのであろう。

 

いちいちそんな長い名前を言うのは面倒なので、今でも地元の人はナッツ・ベイリー・スタジアムと言ってる。

 

ナッツ・ベイリー・スタジアム 05

ナッツ・ベイリー・スタジアムの外形

 

この野球場ができたのは1951年

 

当初は5,132人が収容可能だったが、2007年のオフシーズンにところどころ改修され、現在は6,413人収容できる。

 

観客席だけでなく、コンセッションやトイレもきれいになり、子供の遊び場もグレードアップした。

 

ナッツ・ベイリー・スタジアム 06

バンクーバー・カナディアンズのマーク


バンクーバー・カナディアンズは一時大リーグのオークランド・アスレチックスのファームチームだった。

 

アスレチックスのキャッチャーをしてた日系3世カート・スズキはカナディアンズに所属していて、ここナッツベイリー・ス

タジアムでプレーしていた。

 

そのころはプロ1軍のすぐ下のAAAリーグであるthe Pacific Coast League に所属していたので、ここを通過して大リーグ

で活躍した選手もいるのだ。

 

ナッツ・ベイリー・スタジアム 03

カナディアンズの7月のプロモーション予定表

 

現在のバンクーバー・カナディアンズトロント・ブルージェイズと提携していて、ここで選手を育成している。

 

今はシングルAのチームで、ノースウェスト・リーグ(NWL)に加盟している。

 

ノースウェスト・リーグのシーズンは短く、6月中ごろから始まり、9月初旬には終了する。

 

ナッツ・ベイリー・スタジアム 04

選手がスポンサーの絵にボールを当てたら観客全員に飲み物をプレゼント!


バンクーバーは良い天気が続く。

 

大谷君を見にシアトルまで行くのもいいし、また、夏の日差しを浴び、ビールでも飲みながら、バンクーバーでのんびりと野球

 

観戦するのもいいぞ!