calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

カテゴリー

過去の記事

カナダ人の遊び(ペタンク)

ペタンク 簡単なゲーム 01

お年寄りたちが集まっていた小学校の芝生の運動場


この前、小学校の校庭に老人たちが集まっていた。

 

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
おじさんも一緒だったのですかぁ?

 

まだヤングのわしを捕まえてなんてこというか!


年寄りたちはゲームをしていた。

 

ペタンク 簡単なゲーム 02

2人1組になってゲームをするおじさんたち

 

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
これは何というゲームですかぁ?

 

ペタンクという。

 

ペヤングではないぞ!


ペタングはフランス発祥のスポーツ。

 

すでに100年以上前から遊ばれているそうだ。

 

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
どうやって遊ぶのですかぁ?
 

最初にビュットと呼ばれる小さなボールを投げ、このビュットの近くにボールを投げていく。

 

そして、相手よりビュットの近くにボールを投げたほうが勝ちとなる。

 

実に簡単なゲームじゃな。

 

ペタンク 簡単なゲーム 03

ペタンクのボール(白いボールは目標となるビュット)

 

もう少し詳しくルールを説明しよう。

 

投げるボールの数は1人3個で目標とするビュットが1個。

 

場所は幅が4m、長さが15mぐらいあるといい。

 

まず、2チームに分かれ、先攻か後攻を決める。

 

参加する人数によって1対1,2対2で行い、1人3個ずつボールを投げる。

 

3人対3人でする場合は投げるボールを1人2個ずつにする。

 

仮に先攻組を赤チームで選手をAとB、後攻組を青チームで選手をCとDとしよう。

 

最初に赤チームがビュットいう小さなボールを投げ入れる。

 

そして赤チームの1番手Aがボールを1球投げ、次に青チームのCがボールを投げる。

 

もし、CのボールがAの投げたボールよりビュットから遠ければ、もう一度Cが続けて投げる。

 

2投目も3投目もAより遠ければCに続いてDも投げていく。

 

Aのボールより近くなるまで青チームが投げるのである。

 

もし、青チームの何投目かがAのボールより内側に入った時点で、今度は赤チームのAがボールを投げる。

 

Aの持ち球がなくなって、まだ青チームのボールより遠ければBが自分のボールを投げる。

 

要するに、前に相手が投げたボールよりビュットに近く投げ入れたら、投げる順番を代えるのだ。

 

ボールは無くなるまで投げる。

 

青チームのボールが赤チームのボールより近い位置に投げ入れられなくて、青チームのすべてのボールがなくなったら、赤チームの残りのボールを投げる。

 

最終的に相手のボールよりビュットに近いボールの数が得点となる。

 

分かったかな?

 

もっと詳しく知りたい人は自分で「ペタング」検索してね。

 

ペタンク 簡単なゲーム 04

作戦を練るおじさんたち

 

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
このゲームは少しカーリングに似ていますねー

 

そうだね。

 

カナダではカーリングがとても人気があるけれど、カーリングはアイスリンクが必要だ。

 

それに比べてペタンク土の運動場芝生の公園でもできるし、室内でもできる。

 

なので場所が見つけやすいし、費用も掛からない。

 

 

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
日本ではゲートボールが流行っていますねー

 

ゲートボールは場所以外にゲートとボール、それに特別なスティックが必要だけど、ペタンクはボールとわずかな場所さえあればすぐにできるスポーツだ。

 

ペタンク専用のボールがあるけれど、ゴルフボールと野球ボールやテニスボールを代用しても遊べる。

 

誰にでも手ごろにできるゲームだよ。

 

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
簡単で楽しそうなので、僕たちもやってみよう!