calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

カテゴリー

過去の記事

アイスホッケー 選手数 リンク数

スマイルジャパン、惜しかったねー。


世界第6位スイス1対0惜敗

 

オリンピックでは1勝もしたことがなかった日本の女子アイスホッケーだが、今回のオリンピックで2勝した。

 

アッパレじゃ!

 

オリンピックの女子アイスホッケー決勝戦は、またカナダアメリカになった。

 

この2国はダントツに強い。

 

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
どうしてそんなに強いのですかぁ?

 

最大の理由は競技人口が多いからだろう。

 

それに伴い、スケートリンク数も多い

 

その数においてカナダはダントツだ。

 

カナダ  8,300 rinks
ロシア  3,143 rinks
アメリカ  2,535 rinks
日本  167 rinks


女子に比べると男子の方が各国との競争が激しいが、男子もやはりカナダアメリカは強い。

 

北米には4大スポーツと言われるほど巨大マーケットがある。

 

4大スポーツというのは、野球、フットボール、バスケットボール、そして、アイスホッケーだ。

 

これらのプロ選手になればお金がガッポリ入る。

 

だから、アイスホッケー選手を目指す若者も多い。

 

なので、必然的に競技人口も増える。

 

では、その証拠となる統計を示そう。

 

各国のホッケー選手数

 

このようにカナダとアメリカのホッケー人口は群を抜いて多い。

 

日本も結構の数の選手がいるのだが、まだ、弱い。

 

アイスホッケーは身体、スピード、技術が必要だが、日本人は体格で劣っているので不利だと思う。

 

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
でも、野球では日本人選手も活躍していますよ

 

大活躍している日本人選手の身体は大きいよ。

 

イチロー選手は小さいほうだけど、それでも180センチあるそうだ。

 

ダルビッシュ選手は他の大リーガーと比べても背が高い方だし、今年度から大リーグでプレーする大谷翔平選手も他の選手と比べて遜色がない。

 

◆メジャーリーグで活躍している日本人選手の身長

 

ダルビッシュ有 1.96m

大谷翔平 1.93m

田中将大 1.91m

上原浩治 1.88m

前田健太 1.85m

松井秀喜 1.88m

イチロー 1.80m

 

野球の話はさておき、ホッケーに戻ろう。

 

北米のNHL(National Hockey League)には世界各国から選手が集まる。

 

ヨーロッパにもプロリーグがあるが、北米ほど稼ぐことができない。

 

なので、多くの選手がNHLを目指す。

 

以下は、NHL選手の出身国だ。

 

NHL 国による選手数

 

やはりカナダ選手の数が一番多い。

 

カナダにはたくさんのアイスリンクがある。

 

歩くようになったらスケート靴を履いたという子供もいると聞く。

 

近くのコミュニティセンターにもアイスリンクがあるのだが、5,6歳の子供アイスホッケーをしているのを見たことがある。

 

要するにカナダには強くなる”土壌”があるのだ。