calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

カテゴリー

過去の記事

となりの人間国宝 マルナカ菓子店

隣りの人間国宝 マルナカ 02
表彰状「となりの人間国宝」

\(^o^)/(v^-^v)
おじさん、「人間国宝」って何ですかぁ〜?

人間国宝(にんげんこくほう)は、日本の文化財保護法第71条第2項に基づき同国の文部科学大臣が指定した重要無形文化財の保持者として各個認定された人物を指す通称である。

\(^o^)/(v^-^v)
なんか難しくてわかりにくいですねぇー

要するに国の宝として認められた人のことじゃ。

隣りの人間国宝 マルナカ 01
となりの「人間国宝」をいただきました!

\(^o^)/(v^-^v)
この人たちが人間国宝として認められたのですかぁ?

あははは、そうじゃ。
しかし、よく見ると賞状の中に「となりの」って書いてある。
正真正銘の人間国宝ではない。

これは関西テレビ「よ〜いドン!」という番組の中で、ご近所にいる変な人、いや、素晴らしい人たちに贈られる賞状じゃ。

\(^o^)/(v^-^v)
おじさん、今、変な人って言いかけましたね〜

そんなとこに引っかかるかあ。
実はこの二人のことはよーく知っておるのじゃ。

隣りの人間国宝 マルナカ 03
マフィンの生地を作るT君

この二人は姉と弟で、二人とも小生が塾で教えていた。
姉のほうは頭がよく、勉強もよくでき、口も達者だった。(笑)
弟のほうは真面目で、とても優しい子だった。

弟のT君はワーキングホリデーでカナダのバンクーバーに1年間滞在していたことがある。
そのとき、小生の知り合いを紹介し、彼の喫茶店で働かせてもらうことになった。
日本で料理学校に通っていたこともあり、腕は確かだったので、すんなり引き受けてくれた。

T君は真面目でよく働くので、友人のオーナーも帰国するときにはとても残念がった。
今でも小生がこのオーナーと会ったときには、「Tはどうしてる?」って、いつも気にかけてくれている。

隣りの人間国宝 マルナカ 04
取材中の二人

そのT君が自分のケーキ屋さんをオープンさせたのは約2年前。

今まで色々なお店で下積みしてとても頑張っていたので、そろそろ自分の店を持ったらどうかと数年前から小生が言い続けてきたのだが、やっと実現させたのだった。

大阪の上六というところに「なかたに亭」という有名なケーキ屋さんがある。
T君はこの店でも修行に励んだ。
実はこのなかたに亭のオーナーも小生の友人だったので、彼にT君をよろしくと声をかけておいた。

隣りの人間国宝 マルナカ 05
美味しいケーキが並んでいる

T君のケーキ作りの腕は確かだ。

小生が日本に行ったときには、必ず彼のケーキを食べに行く。

どれもみな美味しい!

\(^o^)/(v^-^v)
うわぁ〜、僕たちも食べたいなー!

君たちもわしと一緒に日本に行ったら食べさせてあげるよー。

隣りの人間国宝 マルナカ 06
クッキーやスコーンなども売ってるよ

ケーキを食べにマルナカ菓子店へ行こう!

〜場所〜
大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1丁目9−17
グラン・ピア森ノ宮中央 1F


〜営業時間〜
月: 10:00 - 19:00
水 - 日: 10:00 - 19:00

火 : 定休日