calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

カテゴリー

過去の記事

こんなところにクマ!?

野生のクマがウロウロ 02
おじさんの散歩道

近所を散歩していたときのこと。

ちらっと道路標識を見たらクマの絵が描いてあった。

いったい「なんじゃらホイ」と思い、近づいた。

野生のクマがウロウロ 01
クマに注意!

「注意!この辺にクマが出るぞ」って書いてあるではないか。

\(^o^)/(v^-^v)
キャー、怖い!

ここは閑静な住宅街のど真ん中。
通学のために多くの学生が通る。

野生のクマがウロウロ 03
閑静な住宅街

クマはよほどのことがない限り自分から人を襲ったりはしないというが、家の陰から急に顔を出してきたら腰が抜けるに違いない。

ちなみにこの看板には以下のように書かれていた。

もし、クマを見たら。。。

・ゆっくり後ずさりして離れなさい。
・落ち着きなさい、決して走ってはいけない
・はっきり静かにクマに話しかけなさい
・クマの視界から外れたら急いでその場から立ち去り、報告しなさい


\(^o^)/(v^-^v)
3つ目ですが、クマさんにいったい何を話しかければいいんですかぁ?

「今日はとても良い天気ですね」とか、「どちらへいらっしゃるんで?」とかじゃよ。

「儲かってまっかぁ?」でもいいかもよ。

\(^o^)/(v^-^v)
え、えー、ほんまでっかぁ?

君たち、関西弁になっとるぞ。

野生のクマがウロウロ 05
町にときどき出没するブラックベア

バンクーバーの町にときどきクマが出没する。
ほとんどがブラックベアだ。(写真上)

雄のほうが雌より体が大きい。
雄は通常230kgぐらいに成長するのだが、中には350kgにも達するものがいるらしい。

\(^o^)/(v^-^v)
クマの中のジャイアント馬場ですねー

おお、君たち、今日は冴えておるのぅ。

野生のクマがウロウロ 04
麻酔銃でクマを撃つ警察官

そう言えばちょうど2年前だが、バンクーバーのダウンタウンにクマが現れて大騒ぎになった。

ダウンタウンは車も人通りも多く、どうしてこんなところまでやって来たのか不思議だった。

恐らく、田舎から誰かのトラックの荷台に乗りこんでしまい、そのまま連れて来られてしまったのかもしれない。

麻酔銃で眠らせた後、このクマを山にかえしてあげた。

ダウンタウンにはアライグマもいるし、スカンクもいる。

\(^o^)/(v^-^v)
バンクーバーはそれだけ自然が多いのですねー