calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

カテゴリー

過去の記事

日本の柿

前にカナダの旬の果物、柿についてブログを書いた。

そのときに食べた富有柿(ふゆうがき)は甘くてジューシーな柿だった。

だが、日本で食べた柿はもっと甘かった!

日本の柿

この柿は次郎柿

富有柿はカナダでもよく食べるので、今までに食べたことがなかったこの次郎柿というのを買ってみた。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
どこで買ったのですかぁ?

日本のスーパーだ。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
おじさんは日本のスーパーが大好きですねー

ああ、日本に戻ったときはほとんど毎日スーパーに行く。
グルグルと何周も店の中を見て回る。
カナダでは売っていない食料品がたくさんあるからの。

それに、ときには値引きして販売している品物もあるし。。。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
おじさんは店の人が値引きシールを張る後について回っているんでしょ!

おいおい、金魚の糞みたいに言うでない!
知らなかったふりして買うけどな。

うほんっ、そんなことはどうでもよい。

今回はカナダで売っている柿より、やっぱり日本で売っている柿のほうがジューシーで甘いということを書きたかったのじゃ。


カナダ行き 飛行機

飛行機の中 04
空の上から見た景色(日本とバンクーバーの間で)

飛行機の中の楽しみと言えば。。。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
何ですかぁ?

お酒と食事じゃ。

羽田からバンクーバーまではおよそ8時間半ほど。
バンクーバーから羽田まではおよそ9時間半ほどかかる。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
どうして行きと帰りでは時間が違うのですかぁ?

日本からバンクーバーに向かうときにはジェット気流に乗っていくのでスピードが増す。
ジェット気流は常に地球の西から東に吹いている風のこと。
バンクーバーから日本へ行くときはその風に逆らって飛ぶから時間がかかるのじゃ。

飛行機の中 01
機内での晩御飯

飛行機が離陸して1時間ほど過ぎたころ、フライトアテンダントがおつまみを配り、ドリンクの注文を取りに来る。

このときにアルコールを注文するのじゃ。

な、なぬー!メニューには日本酒が載っとらんがな!

JALは日本酒が出るが、ANAはない。(ガッカリ!)

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
じゃあ、飲まないで我慢したのですかぁ?

我慢できるかい!
まずはビールを注文した。
おつまみはあられやナッツ。
それらを食べながらビールでのどを潤す。

暫くすると食事が運ばれて来る。

飛行機の路線や乗る時期によって食事の内容は変わる。
普通は2種類の料理があり、どちらかを選択する。
今回は「ぶりの煮付け丼」か「カツカレー」だった。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
おじさんはどっちを選んだのですかぁ?

ブリじゃよ。
こっちのほうがお酒にあうし。

味はまあまあだったけど、量は多かった。
味噌汁も、ざる蕎麦も付いていたし、デザートにアイスクリームも出た。

飛行機の中 03
ビジネスクラスの食事

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
うわー、おいしそう!こんな料理、食べられるのですかぁ?

ああ、ビジネスクラスの人たちはの。
それにビジネスクラスの人には日本酒も選べるし。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
早く、エコノミーの3倍の航空運賃を出せるようになるといいですねー

クー。。。><

飛行機の中 02
機内での朝食

食事の後は少し仮眠した。

目的地のバンクーバーに到着する1時間半ほど前に朝食が出る。
ANAのはサンドイッチだった。

晩御飯の量が多かったし、飛行機の中では動き回れないので、それほどお腹が空いていない。
ヨーグルトとサンドイッチを半分食べた。

飛行機の中 05
バンクーバーが見えた(半島の先にUBC大学がある)

バンクーバーに近づくと外は雨だった。

機長のアナウンスによると気温は14度。
つい先ほどまでは気温28度の日本にいたのに。。。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
飛行機って数時間で別の世界に連れて行ってくれますねぇ

そうじゃの。ほんと、便利な乗り物じゃ!

飛行機の中 06
乗ってきた飛行機


羽田空港

日本とカナダの往復には、今まではほとんどJAL(日本航空)を利用していた。

今回はANA(全日空)にした。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
どうしてですかぁ?

それは、安かったからじゃ。

購入する時期にもよるが、今回調べたときはANAんほうがJALより$400以上安かった。
今までずっとJALを利用してきたのでその分のマイレージもたまっていたけれど、$400分のマイレージを貯めるには日本とカナダを数回往復しなければならない。

羽田空港 01

さて、伊丹空港から羽田空港に到着した。

降りてからは「国際線乗り継ぎ」の表示に従って進んでいく。
暫く歩いたところに空港関係者がいて、国際線へは階下のバス乗り場でお待ちくださいと案内を受けた。

国内線到着ロビーから国際線出発ロビーまではバスで移動しなければならない。
伊丹空港の手続きカウンターで「国際線乗り継ぎバス乗車券」というものをもらっていた。

前のバスが出てしまったところなのか、バスの待合所は閑散としていた。
15分ほど待って、バスが来た。
バスは空港内を何度も方向転換して進んでいった。
駐機している飛行機のごくそばを走っていく。
なぜか空港の職員のような感じがした。

国際線ロビーまで15分ほどかかった。
直線だったら、きっと3分ほどの距離だろうと思う。

羽田空港 03

国際線出発ロビーの雰囲気は成田のとは違っていた。
場所によるのかもしれないが、免税品店の数が成田よりも少ないように思った。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
免税品店で何か買ったのですかぁ?

なーんにも買わねえッ!

免税品店というのはそういう名前の商店だと思っておる。
〇〇〇雑貨店というのと同じだ。

同じ品物が町のお店で安く売られていることも多い。
税金は免除するけど、定価が市販の商品より高く設定されている場合がよくあるからじゃ。

カナダのお土産でメープルシロップやスモークサーモンを買って帰る場合でも、税金を払ってもスーパーで買った方が安い。

グアムだったかサイパンだったか忘れたが、町の免税品店で同じ品物が異なる定価で売られていた。
品物は自由に値段設定することができるので、値段に差が出ても当然と言える。

羽田空港 04

バンクーバー行きの飛行機の時間までは、まだ2時間ほどあった。

ロビーのテレビで日本女子バレーの対韓国戦が放映されていたので、ずっと見ていた。
第2セットを何とか凌いで勝った日本が第3セットも取って韓国に勝った。

めでたし、めでたし!

ほな、ぼちぼち搭乗口に行きまーす!

羽田空港 06

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
写真、もう少し明るく撮れなかったのですかぁ?

実際はもう少し明るかったんだけど、なぜか暗く写ってしまった。><

伊丹空港と大阪の町

伊丹空港 大阪 01

いよいよ大阪を出発する。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
えー、おじさん、日本にいたのですかぁ?

おー、君たち、久しブリ、タイ、マグロじゃのう!

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
何ですか、それは!

伊丹空港 大阪 02

今回は随分長い期間日本におった。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
もう、地獄の閻魔大王に会っているのかと思ってましたよー

な、なんじゃ、それ!?
まるでわしが悪いことでもしでかして、地獄に落ちてしまったとでも思っておるのか?

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
あははは、その可能性も数%あったかも。。。
い、いや、無事で何よりです!


・・・・・!?

伊丹空港 大阪 03

大阪の伊丹空港を飛び立った。

相変わらず大阪の町はゴチャゴチャごちゃごちゃしている。
空の上から見たら、そのことはよくわかる。
まあ、日本の都会はいづこも同じような景観じゃが。。。

伊丹空港 大阪 04

飛行機が離陸して少し経つと眼下に「日本列島」が見える。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
下を見たらどこも「日本列島」ではないのですかぁ?

そうではなくて、ほれ、下の写真をよーく見てごらん。
池の真ん中に。。。

伊丹空港 大阪 05

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
本当だ、「日本列島」があるぅ〜

これは昆陽池だ。
この池は古く、731年に行基というお坊さんによって作られた農業用のため池だ。
そして、1965年に伊丹市が公園にし、現在の形になった。
この池では白鳥が自然放養されている。
また、冬には3000羽を越えるカモやカモメなど渡り鳥の飛来する関西屈指の野鳥の楽園として知られている。

公園内の樹木には樹の品種を記した名札(樹名板)が取り付けられており、名札は近隣の小学生が作ったものもある。
プロ野球選手の田中将大も伊丹市立昆陽里小学校在籍時(1999年)にこの名札を作成している。
この名札は裏面に作製者である田中の署名があり、この「サイン」の存在に気付いた伊丹市は、この名札を回収して市内の施設で展示を行っているそうだ。(ウィキペディアより)


伊丹空港 大阪 06

飛行機は少しずつ上昇していった。
伊丹空港が見える。
その手前の川は猪名川だ。
猪名川(いながわ)は、兵庫県及び大阪府境付近を流れる淀川水系の支流で、一級河川。
丹波高地の大野山(兵庫県川辺郡猪名川町)に源を発する。府県境を南流し、大阪国際空港の西側をかすめて神崎川右岸に合流する。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
飛行機に乗ると空から日本の姿が見えるので面白いですねー

だから、ワシはいつも窓側の席に乗る。
雲を見るのも好きだし。。。

\(^o^) (v^-^v) (⌒ー⌒)♪
おじさんは電車でも後ろ向きになって窓の外を見ているのですよねー

おー、靴を脱いでの。

違う、違う。
子供の頃はそうじゃったが、今は首を回しておるだけじゃ!


カナダには「交番所」はない

 久しぶりに日本に帰って、あらためて日本とカナダの違いを感じることができた。「久しぶりの日本」ではそんな情景を書いている。


庶民のための交番所

 近鉄布施駅の北側にある通りを自転車で走っていると「交番所」があった。歩道の端っこに建てられていて、ここに交番所があることがよくわかる。このあたりは買い物客や学生たちが多く行き来するので、庶民の役に立っていることであろう。

 私の子供の頃からの経験では、自転車に乗って巡回しているおまわりさんはよく見かけたけど、交番所の中のおまわりさんってあまり見かけなかった。

 昔、最寄の駅前に交番所があったのだが、いつ覗いても、中にはおまわりさんがいなかった。別の国道沿いの交番所にも、いつもおまわりさんはいなかった。ただ、机の上に黒い電話機がぽつんと置いてあるだけだった。

 事件が起き、誰かが助けを求めに行っても、誰もいないんじゃ助けられない。最低1人は常時待機していて欲しいなあと思ったものだ。

 最近はそんなことがなくなったのだろうか。。。

警察署 表
ウエストバンクーバー警察署

 カナダでは日本のような「交番所」はない。各市に警察署(police department)があり、大きな市には分署がいくつかある。この分署は”交番”のような、かわいい(!?)建物やスペースではなく、たいていビルの中にある。

 ウエストバンクーバーにはおよそ4万5千の人が住んでいる。その住民を守るため100人ほどの警察関係者が仕事をしている。ウエストバンクーバーはグレーターバンクーバー(バンクーバーとその周辺の市を含めた言い方)の中で最も安全な地域だ。

 カナダでは緊急事態が発生したときには電話で911にかける。するとオペレーターが電話に出て、事件の内容を聞く。そして、パトカーか救急車か消防自動車を派遣する。事件によってはそれら全部が出動することもある。

 緊急でない場合は、普通、警察署に電話する。苦情を言ったり、落し物の届出がないかを確かめたりする場合だ。

 さて、もし、財布が落ちていたら、あなたならどうする?

 ここであった2つの事件を話そう。

 1つは、高校留学に来ている子がバスの中で自分の財布を落としたときのこと。

 財布の中には60ドルほどの現金が入っていた。私がお世話をしている留学生ではなかったのだが、息子の同級生なので探すのをヘルプしてあげた。

 バス会社に連絡したら、朝、彼が乗ったバスの運転手が届けてくれたらしく、ノースバンクーバーにあるバス会社まで受け取りに行った。そうしたら、身分証明書やキャッシュカードはそのままあったが、現金は無くなっていた。誰が取ったのかはわからない。会社の人が言うには、こういうケースではキャッシュは戻ってこないことが多いらしい。

 そうだろうね。キャッシュには名前も何も書いてないからね。

 2つ目は、私が自分の財布を落としたときのこと。

 いくつかのキャッシュカードや運転免許証などが入っていたので、すぐにカード会社に連絡し、カードを止めてもらった。拾った人が悪い人だとそれを使って現金を引き下ろすことができるからだ。

 心配しながら2時間ほどが過ぎた頃、家のインターホンが鳴った。出ると、財布を拾ったのだが持ち主の誰々はいますかと聞かれた。間髪を入れず、はい、私です!と答えた。

 中にはすべてのカードと大金20ドルと何十セントがそのまま入っていた。いや、大金ではないが、財布に入れていたすべての現金も残っていた。カナダではカードを使うことが多く、私は現金はあまり多く持ち歩かない。いつも50ドル以内だ。

 何度もお礼を言いながら、感謝の気持ちで20ドルをその人に渡した。その人はスマイルで受け取ってくれた。

 カナダで生活する人にアドバイス。基本的に現金はあまりたくさん持ち歩かない。取られてもいいくらいの金額を持ち歩くこと。カードが入っている財布を失った場合は、すぐにカードをとめてもらうこと。

 そう、現金といえば、小学2年生の頃、10円を拾って(今なら100円以上の価値はあるぞ)交番に届けに行った。そうしたら、おまわりさんが、「わざわざありがとう。その10円はあげるから持ってお行きなさい。誰かが10円落としたとここに来たら私が渡しておくから。」って。いいおまわりさんだった。昔はこういう心のゆとりがあったなあ。。。

警察署 裏
ウエストバンクーバー警察所 裏側


素直な子どもに育てるなら、カナダがいい。

小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 

ブログランキングに1票お願いしま〜す。 ( ^o^)ノ  ←ここをクリック
ここにも1票よろしくお願いしま〜す。 m(_ _)m  ←ここをクリック  

カナダの酒屋

日本の酒屋
所狭しと並んでいる酒

 商店街の中に酒屋さんがあった。店はそんなに大きくなかったのだが、品物は店の外にもあふれるぐらいあった。

 しばらく見ないうちに、酒の種類もずいぶん増えている。特に焼酎や発泡酒の品数が多い。

 容器も一升瓶から紙パックやペットボトルになっている。

 昔は1.8リットルが最大だったけど、今じゃ4リットル入りのものも売っている。

 焼酎は4リットルでも2千円少々で買うことができる。安いねえ。

カナダの酒屋
カナダの酒屋(リカー・ストア)

 カナダでは酒屋をLiquor store(リカー・ストア)という。アルコールは日本のように自動販売機では販売しておらず、このリカー・ストアに行って買わなければならない。

 写真のお店はウエストバンクーバーのパークロイヤルにある酒屋だ。店の中で写真を撮っていたら、マネージャーが来て、許可を得てからにしてくれと注意された。でも、あとでお店全体の写真も撮らせてくれた。

 この店はバンクーバーにある酒屋の中では大きいほうだ。さすがに日本酒の種類は少ないが、これでも昔に比べたらずいぶん多くなったものだ。

 1980年ごろは月桂冠ぐらいしかなかったように思う。そのときは一升瓶も売っていたが、今は見かけない。その代わり1.5リットル瓶がある。

 カナダの酒屋にはなんといってもワインが多い。BC州でもいろんな種類のワインが製造されている。特にオカナガン地方で作られているワインが私は美味しいと思う。

 オカナガン地方ではいろいろな果物も収穫できるので、それらを原料にしたワインも作られる。きっとお気に入りのが見つかると思う。

日本の酒 01
カナダで売られている日本酒

 ところで、バンクーバーでは19歳からお酒を飲むことができる。それまでは親のお使いでお酒を買いに行くこともできない。

 若く見える人は身分証明書の提示を求められるので持参していったほうがいい。

 若作りの人は何歳まで身分証明書を見せろって尋ねられるかを挑戦してみたら。。。

 また、日本ではアルコールをどこで飲んでも良いけれど、カナダでは公共の場所では禁止されている。

 春、桜の木の下で花見酒ができないのは、ちょっと淋しいねえ。。。

日本の酒 02
梅酒も売っているよ


素直な子どもに育てるなら、カナダがいい。

小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 

ブログランキングに1票お願いしま〜す。 ( ^o^)ノ  ←ここをクリック
ここにも1票よろしくお願いしま〜す。 m(_ _)m  ←ここをクリック  

自転車が溢れている

 久しぶりに日本に帰って、あらためて日本とカナダの違いを感じることができた。「久しぶりの日本」ではそんな風景を書いている。

あふれる自転車
たくさんの自転車が並んでいる

 買い物に出かけたときのこと。

 地下鉄に乗ろうと出入り口にいくと、ずらーっと、自転車が並んでいる。

 こんな光景は、カナダにはない。

 買い物した荷物を前のかごに入れて自転車をこいでいるおばさん。
 子供を自転車に乗せて幼稚園の送り迎えをしているお母さん。
 酔っ払って鼻歌を歌いながら自転車に乗っているおじさん。
 後ろの荷台に立ち乗りをしている高校生。
 
 こんな風景も、カナダにはない。

 歩道を歩いていると、自転車が身体に触れるぐらいのところをスピードを出して追い抜いていく。

 自転車は歩道を通るべきなのか、車道を走るべきなのか。。。

 カナダでは、自転車は車道を走らなければならない。

 カナダでは、2人乗りしている人はいない。だって、カナダの自転車には”荷台”が付いていないから。

 カナダでは、かごの付いた”ママチャリ”という種類の自転車はない。だから、自転車で夕食の買い物に行くことはない。

 カナダの自転車はほとんどがマウンテンバイクかロードバイクだ。

 日本と比べるとはるかに自転車の数は少ない。自転車通学も自転車通勤もほとんどない。

 自転車が日常生活に欠かせない日本とスポーツや遊びにしか使わないカナダ。

 文化の違いだねえ。

カナダの自転車
我家の自転車はすべてマウンテンバイク


素直な子どもに育てるなら、カナダがいい。

小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 

ブログランキングに1票お願いしま〜す。 ( ^o^)ノ  ←ここをクリック
ここにも1票よろしくお願いしま〜す。 m(_ _)m  ←ここをクリック  

平日なのに人だらけ

繁華街 人だらけ
平日の昼間でもこんなに人がいる

 ミナミへ出て、ランチを食べた。そのあと、心斎橋筋をぶらぶらした。大阪の人は良く知っているが、心斎橋はとてもにぎやかな商店街。週末や夜は人出が多い。

 しかし、私が歩いているのは火曜日の午後2時半ごろ。なのに、こんなに大勢の人がいる。

 どうして?

 バンクーバーには平日の昼間に繁華街(モール)を歩いている人はほとんど見かけない。リタイアした老人か、赤ちゃんを乳母車に乗せている主婦ぐらいだ。
 (なぜか、ジョギングをしている働き盛りの人は見かけるが。。。)

 もちろんバンクーバーの人口と大阪の人口はかなり違う。

 大阪府の面積は1893平方キロで人口が884万人。
 グレーターバンクーバーの面積は2879平方キロで人口は220万人。
 バンクーバーは面積は1.5倍だが、人口はわずか4分の1。
 人口密度的にはかなりの差がある。


 だから、大阪の繁華街のほうに人がより多くいて当然なのだが、でも、ちょっと妙な気がした。

 仕事をしているはずであるような人がかなりいるのだ。

 ははあ、これが今日本で流行の”ニート”(NEET)っていうものなのか。。。と思った。
  
 ”NEET”とは”Not in Employment, Educationa or Training”の略。すなわち、職に就かず、学校にも行かず、職業訓練も受けていない人のことだ。

 もともとイギリスの16〜18歳のそういう若者を指して使われていたのだが、日本では定義が少し変化し、今では「学校に行くでもなし、仕事するでもなし、ぶらぶらしている若者」という意味で使われている。

 確かにそういう若者が増えているように思う。

 学校に行けないのか、行かないだけなのか。
 仕事をしたくても見つからないのか、したくないだけなのか。

 どちらも、前者と後者では大きな違いがある。

 どうやって生活していってるのだろう。。。

 「いつまでも あると思うな 親とカネ」

道頓堀 人だらけ
みんな何をしている人たちだろう。。。


素直な子どもに育てるなら、カナダがいい。

小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 

ブログランキングに1票お願いしま〜す。 ( ^o^)ノ  ←ここをクリック
ここにも1票よろしくお願いしま〜す。 m(_ _)m  ←ここをクリック  

タイが並んでる

鯛焼き
鯛焼きの看板が目についた

 人と会った帰り、大阪の町を探検しようと地下鉄に乗らないで歩くことにした。

 すると商店街の角に「鯛焼き」の店があった。看板には「めでたいやき」とキャッチフレーズが書かれてあった。

 ちょうどお腹が空いていたので、1つ食べることにした。

 鯛焼きといえば中に黒いあんこが入っている。だが、この店では白いあんこの鯛焼きも売っていた。

 黒あんこは北海道十勝あんこ、白あんこは泉州くるみあんこだそうだ。

 それに、北陸名産の”羽二重餅”が入ったのもあった。

 珍しいので白あんこ+羽二重餅入りを注文した。

 鯛焼き 繋がった鯛
繋がった鯛焼き

 待つこと5分。焼けた鯛焼きは5匹が繋がっている。おばちゃんがそれをハサミで切り抜いて出来上がり。

 熱々でとても美味しかった。

 カナダでも鯛焼きのようなものを食べることができる。ダウンタウンでは見かけたことはないが、コキットラムのコリアン・タウンで売っている。

 それはプンオパンと呼ばれる韓国のものなのだが、形も味も良く似ている。ただし、韓国のは鯛ではなくて鮒(フナ)だそうだ。

 韓国ではその”鮒焼き”の食べ方によって性格占いをするらしい。

 ・頭から食べる人は=楽天的         
 ・背びれから食べる人=神経質
 ・しっぽから食べる人=慎重派
 ・お腹から食べる人=積極的

 何となくわかるような気がするなあ。


素直な子どもに育てるなら、カナダがいい。

小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 

ブログランキングに1票お願いしま〜す。 ( ^o^)ノ  ←ここをクリック
ここにも1票よろしくお願いしま〜す。 m(_ _)m  ←ここをクリック  

銭湯

銭湯 入り口
銭湯の入り口に掛かる暖簾

 日本に帰ったら必ず行こうと決めていた場所がある。それは、お風呂屋さんだ。

 カナダにはもちろん銭湯はない。家風呂もない。

 たまにバスタブ(湯船)にお湯を溜めて温まることもあるが、洋式なので浅くて心地よくない。

銭湯 下駄箱
下駄箱 木で作られた大きな鍵が付いている

 私が小さな子供の頃からあった近所の銭湯に行った。入り口を入って右が男風呂、左が女風呂だ。下駄箱も昔と変わらない。履いてきたサンダルを入れ、鍵を閉める。その鍵は木で作られており、7センチx12センチほどの大きさがある。

 入ると、いつもいた”おばちゃん”が番台に座っている。私が挨拶すると”おばちゃん”も覚えていてくれた。

 「今、カナダから帰ってはるんですか。。。」

 「はい、4日ほど前に戻ってきました。。。」

 しばらくカナダの話をしてから風呂に入る準備をした。

 入浴代は大人が390円、小学生が130円、そして幼児が60円。

銭湯 浴槽
浴槽 子供用・大人用・泡風呂・電気風呂・サウナがある

 最初は泡風呂に入った。ボコボコと出てくる泡が体内の神経を刺激する。

 次に大きい浴槽に浸かった。他に客がいなかったので、浴槽の中でストレッチをした。これだけ大きく身体を動かすことができれば気持ちいい。

 その後は電気風呂。電気の刺激が美容と健康、それから疲労回復にいいらしい。が、私はあまり好きではないので、2分ほどで出た。

 昔はサウナにもよく入ったのだが、今日は湯船に浸かるだけで十分満足。

 15分ほど温まっては5,6分休憩し、また入る。それを何度も繰り返した。結構疲れたところで上がることにした。

 身体がぽかぽかしている。のども渇いたので、飲み物を冷蔵庫の中から探した。お茶、ジュース、牛乳、サイダー、栄養ドリンク、ビール、それに”冷やしアメ”もあった。冷やしアメは生姜、水飴、砂糖、水でできており、独特の味がする。関西では昔からあった。

 ビールを飲むには少し早い時間だったので、ビタミンCがたっぷり入ったジュースを飲んだ。

 あ〜、う・ま・い!

 外はもう陽が落ちていた。お湯のぬくもりがまだ身体に残っているのを感じながら歩いて帰った。

銭湯 更衣室
着替える場所


素直な子どもに育てるなら、カナダがいい。

小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 

ブログランキングに1票お願いしま〜す。 ( ^o^)ノ  ←ここをクリック
ここにも1票よろしくお願いしま〜す。 m(_ _)m  ←ここをクリック   

| 1/3PAGES | >>