calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

カテゴリー

過去の記事

白と黒に

パトロール・カー 01
ウエストバンクーバー警察のパトカー

道路でパトロール・カーが交通違反した車を止めていた。
サイレンは鳴らしていなかったのだが、パトロール・カーの赤と青のライトがキラキラ光っていた。

そのパトカーを見ると、車体が今までの色と違っていた。
以前は白を基調としてボディに"POLICE"の文字が書かれていた。
それが白黒のパンダ色に変わっている!

なんか懐かしい配色だなあ。
日本のパトカーを思い出す。

でも、日本のはボディの下半分が黒色で上半分が白色。
ウエストバンクーバーのは車体の真中が白で、前と後ろが黒色。

パトロール・カー 02
同じ白黒でもデザインが日本とは違う

ウエストバンクーバーではまだ白黒でない以前のバージョン・カーも走っている。
順次塗り替えていくのだろう。

世界中にいろいろなパトカーがある。
ネットで調べてみてもおもしろいと思う。

高速道路でパトカーを見るとみんな一斉にスピードを落とす。
パトカーがいるだけでドライバーに注意を促し、安全運転に貢献していると思う。
個人的にはもっと覆面パトカーを増やして悪いドライバーを検挙すれば良いのにと思う。
本当は、自分がパトカーに乗って捕まえたいなあ。
だって、悪い運転手が多いからね。

( ^o^)ノ\(^o^)/(v^-^v) 
とはいっても、大阪の運転マナーよりはずーっといいよー!

バンクーバーにはこんな”パトロール・馬”もいるぞ。

パトロール・カー (馬) 03
バンクーバーの町をパトロールする騎馬警官


カナダの子供と一緒に遊んだり、学んだりしてみませんか?

幼稚園・小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 

あなたもカナダ留学しませんか?
幼稚園小学生はエレメンタリースクールで学びます。
中学生高校生はセカンダリースクールに通います。
不登校の生徒もカナダの学校に通ってみませんか?

”留学”も進路の一つです。
幼稚園児、小学生、中学生、高校生の留学ならFGEIにお任せください。

キャピラノ吊り橋

キャピラノ吊り橋 01
高くて揺れて、スリル満点のキャピラノ吊り橋

ダウンタウンから20分ほど北にドライブすると「キャピラノ・サスペンション・ブリッジ」がある。

サスペンションというのは「吊るすこと、ぶら下がっていること」の意。
英語では”suspension”だ。

この名詞は”suspend”(吊るす)という動詞からきている。

また、”ズボンつり”のことを”サスペンダー”(suspender)というが、これも”suspend”から派生した。

英語の勉強じゃなくて、キャピラノ吊り橋の話だった。

実はこの吊り橋のオーナーが敷地内の施設を増築したいと希望しているのだが、地元の人たちから反対されているっていうことが新聞に載っていた。

最近は年間70万人もの観光客が訪れる、バンクーバーでも人気の場所だ。
観光客の増加に対しての対策も必要だ。
ピーク時には従業員も250人ほどになる。
着替えたり、休憩したりできるスペースもいる。
それに、子供も多く訪れるから、救急治療室も要る。

ということで、オフィスを増やすことや、大きくしたりすることを申し出ている。

また、吊り橋の入り口の向かいにレストランがあるのだが、そのレストランを移動し、そこを駐車場にすることも計画しているらしい。

キャピラノ吊り橋 02
トーテンポール(みんなここで記念写真を撮っている)

しかし、地元住民の反対もわかる。
特に夏の観光シーズンは車が増える。
駐車場から吊り橋の入り口に行くときに道路を横断しなければならない。
大勢の人が一斉に渡ると危ないときもある。

キャピラノ吊り橋に行くにはキャピラノ道を通るのだが、吊り橋の場所を超えて山を登っていくと、その先にはグラウス・マウンテンがある。
そこへもたくさんの人が観光に訪れる。

だから、交通量がこれ以上増えて欲しくないと地元民は思っている。

キャピラノ吊り橋 03
敷地内にある土産物屋さん

キャピラノ吊り橋は最初1889年に架けられたほどの古い吊り橋だ。

えー、そんなに古くて大丈夫なの?って声が聞こえるが、現在の橋は1956年に建て替えられているのでご安心を。

長さは137メートル。
下を流れるキャピラノ川の水面から70メートル上空に吊り下がっている。
橋を渡るときはすごく揺れるので、スリル満点!

楽しいぞー!

( ^o^)ノ\(^o^)/(v^-^v) 
バンクーバーに来たら必ず行ってねー!


カナダの子供と一緒に遊んだり、学んだりしてみませんか?

幼稚園・小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 

あなたもカナダ留学しませんか?
幼稚園小学生はエレメンタリースクールで学びます。
中学生高校生はセカンダリースクールに通います。
不登校の生徒もカナダの学校に通ってみませんか?

”留学”も進路の一つです。
幼稚園児、小学生、中学生、高校生の留学ならFGEIにお任せください。

ワーホリでカナダに長期滞在してカナダの文化を知ろう!

なら授業料20%割引の語学学校を無料で紹介します!

悲しいニュース

三月末に行方不明になっていた日本人留学生が遺体で見つかった。

過去の記事

彼女は3ヶ月の期間でウィスラーに留学しに来ていて、余暇をスノーボードで楽しんでいた。

遺体が発見されたのは、生前最後に確認されていたブラックコムのセブンスヘブンというリフトからさほど遠くない”窪地”だった。

捜索隊もこの場所を何度か探したのだが、そのときは見つけられなかった。
というのは、彼女が行方不明になった後、新雪が1メートルも積もったからだ。

死因は凍死だろうという。

窪地は冷たい雪解け水が流れ込むし、真夜中の気温はマイナス10度をはるかに超える。
滑り落ちたあと、這い上がろうとしても手足が凍って動けなくなったのではないかと見られている。

もっと早く発見できていたら死に至らなかったかもしれない。

不明届けが出されたのが4日後だった。
どうしてそんなに遅かったのかと非難する人もいるかもしれない。

・語学学校が休みだったので出席が確認できなかった。
学校関係者も休みの間のことはわからない。

・ホストファミリーはいつも週末には友人と一緒なので、いなくてもそれほど気にかけなかった。
生徒は大人だし、いつものことだったら仕方がないだろう。

この事故からの教訓だが、留学生に注意しておいて欲しいことがある。

ホストには、自分がどこにいるか、誰といるか、その連絡先も告げておくこと。
夕食は友達とするので要りませんとか、前もって知らせておくことも大事だ。

また、スキーやスノーボードをするときは、できるだけ複数人数で行動すること。
今回も誰かと一緒だったら、すぐに助けを求められただろう。

ウィスラーやブラックコムでは通常5月一杯までスキーやスノーボードができる。
(ヘリコプターで氷河スキーするなら1年中滑ることができる)
なので、まだまだ、これからも滑ることができる。
毎年、日本から多くのスキーヤーやボーダーがウィスラーに来るが、今回の事故を念頭に置き、十分気をつけて滑って欲しい。

彼女の冥福を心から祈る。

ウィスラー スキー場
広いゲレンデにまばらなスキーヤーたち


カナダの子供と一緒に遊んだり、学んだりしてみませんか?

幼稚園・小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 

あなたもカナダ留学しませんか?
幼稚園小学生はエレメンタリースクールで学びます。
中学生高校生はセカンダリースクールに通います。
不登校の生徒もカナダの学校に通ってみませんか?

”留学”も進路の一つです。
幼稚園児、小学生、中学生、高校生の留学ならFGEIにお任せください。

ワーホリでカナダに長期滞在してカナダの文化を知ろう!

なら授業料20%割引の語学学校を無料で紹介します!

空と海のサンドイッチ

天気 前線くっきり
前線がくっきり

留学生がノースバンクーバーに用事があったので送って行った。

そのときの天気があまり見かけないものだったので写真を撮った。

東西に伸びた雲と海との境に、ダウンタウンのシルエットがきれいだ。

これは温暖前線が冷たいバンクーバーの空気にぶつかっているのだ。

空や雲を見るのが好きなので前線が通過しているのを見かけるが、これほどくっきりと現れているのは珍しい。

最近、バンクーバーにときどきウィンター・ストーム(冬の嵐)がくる。
風速90キロになるとか、天気予報で知らせている。
先週も先々週も風の強い日があった。

日本で台風を幾度か体験している者としては、バンクーバーの冬の嵐は大したことなーい

が、一昨年の冬の嵐はバンクーバーのいたるところで、かなりの被害をもたらした。

スタンレーパークの木がたくさん倒れたし、町では多くの家が停電した。
こんなことが起きると自然に対して畏怖の念を抱く。

関連記事

自然を大切にしないと神様が怒るぞー

( ^o^)ノ\(^o^)/(v^-^v) 
そうそう、自然を大切にしよう!


カナダの子供と一緒に遊んだり、学んだりしてみませんか?

幼稚園・小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 

あなたもカナダ留学しませんか?
幼稚園小学生はエレメンタリースクールで学びます。
中学生高校生はセカンダリースクールに通います。
不登校の生徒もカナダの学校に通ってみませんか?

”留学”も進路の一つです。
幼稚園児、小学生、中学生、高校生の留学ならFGEIにお任せください。

ワーホリでカナダに長期滞在してカナダの文化を知ろう!

今日もこのニュース

ポーランド人 死亡ニュース 02
”バンクーバー・サン”の記事

ここんとこ毎日、新聞の一面記事は、バンクーバー空港で死亡したポーランド人の話だ。

警察官にテイザー・ガン(Taser Gun)で撃たれて死んでしまった。

テイザー・ガンを製作した会社は、このガンのために死んだのではないと主張している。

この調査も始まっている。

この事件の様子はテレビでもネットでも流された。

私もYouTubeで見た。

事件のビデオ

ビデオの中で彼は肩で息を切るほど興奮している。

原因ははっきりとはわからないが、以下のことが影響を与えたと想像する。

ポーランドから初めての飛行機の旅で緊張し疲れていた。
見知らぬ場所(バンクーバー)に来て、不安だった。
母親と待ち合わせしていたのに、10時間も待っているのに会えない。
英語が全く話せず、意思が通じなくてイライラしていた。


ビデオでは、警察官たちが来たとき、物を投げたりするそぶりはみられない。

彼は両手を上げ、後ろ向きに少し歩いた。
そのときにテイザー・ガンが発射された。
倒れたあと、もう一度ガンで撃たれた。
彼はうめいていた。

警察官が押さえつけていたが、そのうちの一人が膝で彼の首を強く押しつけていた。

テイザー・ガンは5万ボルトの電流を流すが、今までの実験で人を殺してしまうことはないという。

そうだとしたら、膝で首を強く押さえつけていたことが原因のようにも思える。

そして、心臓が止まった後、警察官たちは蘇生処置を施さなかった。

ポーランド人 死亡ニュース 01
左が死亡したポーランド人、右はビデオを撮影したカナダ人

問題は、彼が警官に反抗したり、危害を加えるそぶりは見せていないのにテイザー・ガンを発射したことだ。

また、倒れてのた打ち回っているのに、必要以上に押さえつけなくても良かったのではないかということだ。

新聞に彼のことが書かれていた。

彼は10代のとき盗みを働き、5年間刑務所に入ったことがある。
それ以来、警察の世話になることはなかったらしい。
ポーランドではアル中の彼女と一緒に住んでいた。
そういう暮らしから逃れ、新世界を求め、バンクーバーにやって来たのだった。

残念なことは、荷物が出てくる空港のターンテーブルのところで母親と待ち合わせをしていたのに会えなかったことだ。

また、英語が少しでも話せていたら、こんな悲劇を免れたかもしれない。。。

( ^o^)ノ\(^o^)/(v^-^v) ぼくらも英語を話せるように頑張ろう!

今年のウィスラーはもうすぐオープン!

スキーやスノーボードをしながら英語を学ぼう!

バンクーバーに行こう!

素直な子どもに育てるなら、カナダがいい。

小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 


李下に冠を正さず

taser gun
高電圧を与える”Taser Gun”

先日、バンクーバー国際空港でテイザー・ガン(Taser gun)によるショックで男性が死んだ。

ことの起こりはこうだ。

空港内で挙動不審な男がいるという連絡が管理局に入った。

関係者が駆けつけると、興奮した男が何やらわめいている。

係りの女性がなだめようとしたが、話が通じない。

彼は英語が話せないようで、他の言語で何やらわめくばかり。

ロビーには300人ほどの乗客がいる。

イライラしている彼はコンピューターを壊した。

それから今度は椅子を持ち上げ、投げ窓ガラスにぶつけて壊した。

そうこうしている間に警察官が4人やって来た。

誰かが、彼は扉の中にいる、とドアのほうを指差した。

警察官が中に入っていくと、その男は両手を肩のあたりまで上げ後ずさりした。

そのあと、警察官が”Taser Gun”を撃った。

男はわめきながら倒れ、足を痙攣させた。

少しして、男は静かになった。

のちほど、その男は死亡したと報道された。

テーザー・ガンは高電圧を流す銃で、犯罪者だけでなく、精神病患者で暴れたりする者などをおとなしくさせるときにも使用される。

この銃の使用によって感電死することはないとされているのだが。。。

空港でポーランド人死ぬ
死亡したポーランド人

彼は何時間も空港で待機させられた(?)のか、母親と待ち合わせて待っていたのに会えなかった(?)からなのか、とにかくまわりから見て尋常でない行動を起こしたのだった。

今問題になっているのは、警察官がTaser Gunを撃つ必要があったのかどうかということだ。

彼の両手は肩のところまで上げられていたので”降伏”していただろうということだ。

しかし、アメリカでは警官が犯人を捕らえるテレビの実録番組で、降伏したように見えても、警察官に襲い掛かったり、逃げたりする悪い奴もいっぱいいる。

彼がそんな悪い人間ではないという保障はない。

現に彼は人がたくさんいる場所でわめきちらし、コンピューターを壊したり、椅子を投げつけたりしていたではないか。

警官が来てからでも、彼の言語で何かわめいていたかもしれないし。。。
(このことは新聞に載っていないのであくまで想像)

テロのこともあるし、空港ではややこしそうな人は速やかに隔離して欲しいものだ。

こうして暴れる人は警察官に暴力的に捕らえられても仕方がないようにも思う。

”李下に冠を正さず”だよ。

君子防未然
不處嫌疑間
瓜田不納履
李下不正冠



君子は未然(みぜん)に防ぎ
嫌疑(けんぎ)の間(かん)に處(お)らず
瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず
李下(りか)に冠(かんむり)を正さず


賢い人は他人から怪しまれるようなことを未然に防ぎ、
疑われるようなことはしない。
瓜畑の中で靴を履くようなことはせず、
スモモの木の下で冠をかぶりなおしたりしない。


靴の中に瓜を隠しているのではないか、帽子の中にスモモを入れて盗んでいるのではないかと疑われないようにしろってこと。

( ^o^)ノ\(^o^)/(v^-^v) ぼくらも気をつけよぅーっと!

今年のウィスラーはもうすぐオープン!

スキーやスノーボードをしながら英語を学ぼう!

バンクーバーに行こう!

素直な子どもに育てるなら、カナダがいい。

小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 


ベッカムがやって来た


BCプレース

バンクーバーにあのベッカムがやって来た!

ベッカムはアメリカのLAギャラクシーというチームに所属している。
そして、バンクーバーのプロチームであるホワイトキャップスと対戦した。

試合場所はダウンタウンの南地区にあるBCプレース。
ここはプロフットボールのBCライオンズのホームグランド。
試合がないときにはトレードショーやオートショーなどの展示会場にもなる。
また、ハイスクール・フットボールの試合もここで行われる。

さて、試合のほうは1つもゴールがなく、0対0の引き分けに終わった。

最も盛り上がったのは、56分過ぎにストリーカーがフィールドを走り回ったときだったらしい。

その次は、競技場の大画面に男性がプロポーズをして、彼女が"YES"と答えた様子を映し出したとき。

外国ではこういうことをよくするね。

ベッカムは後半73分に交代を告げられた。
ベンチに向かいながら観客に手をあげて挨拶したとき、この試合の中で最も大きな拍手が起きた。

ギャラクシーもホワイトキャップスも北米のMLS(Major League Soccer)というリーグに所属している。

カナダでは今のところプロのサッカーはあまり人気がない。
サッカー人口は多いのだが、アメリカと同じで4大メジャースポーツ(アメフト、バスケ、野球、ホッケー)ほどにはなれない。

カナダでは特にアイスホッケーという超人気スポーツがあるからね。

カナダのサッカーは日本よりランクが下だ。

日本は30位。
カナダは51位。
(2007年10月 FIFAランキング)

今年の夏にはU-20のワールドサッカーがカナダで開催されたし、ホワイトキャップスのホームグランドがダウンタウンの近くに建設されるということで、バンクーバーのサッカー人気は高まっていくと思う。

この日の観客は48,172人。
これはバンクーバーのサッカー史の中でもすごい数!

こんなに集まったのも”ベッカム様”のおかげだね。

( ^o^)ノ\(^o^)/(v^-^v) さすがベッカム!カッコイイもん!


素直な子どもに育てるなら、カナダがいい。

小学生留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中学生留学・高校生留学 

ウィスラーに初雪

この前の土曜日、ウィスラーに初雪が降った。
雪は夜通し降り、30cmほど積もったらしい。

天気予報によると今週中にもっと雪が降るそうだ。

(やっと夏の日差しが和らいで来た日本の皆様には、まだ雪の話なんて早すぎるかな。。。)

早いときには11月上旬に山開きが行われる。

バンクーバーから車で2時間弱ほど北に走るとウィスラーがある。
スキー場はウィスラー山の斜面とそのとなりにあるブラックコム山の斜面に作られている。

滑るコースは両方のゲレンデあわせて200以上もある。
初めて行く人にはコースがたくさんありすぎて、少しややこしいかもしれないが、ゲレンデにはたくさんの標識が立てられている。

初級用(グリーンで丸)、中級用(ブルーで四角)、上級者用(ブラックでダイヤモンド)とコースの分かれる箇所に記してある。

最近、”ダブルダイヤモンド”という超上級者用のコースもできたらしい。

小生がウィスラーで滑ったのは26年前。(思い出すなあ。。。)
バリバリの初心者だった。(ははは。でも、ボーゲンはできたぞ)

一緒に行ったのはカナダ人の友人2人と小生のガールフレンドとその友達。
カナディアンが上のほうまで行くというので、小生もついて行かないわけにはいかない。仕方がないのでみんなで上まで行った。

嬉しいことに、上のほうにも初級者用のコースがあった。
ガールフレンドと友人と小生はグリーンマーク、カナディアンたちはダイアモンドマーク。

さすが地元の若者だ。

じゃ、下で会おう!ということで別れて滑り始めた。

5分も滑れば足が痛くなった。
なので休憩。

また、滑り出しては、休憩。

何度か繰り返してやっとゲレンデの下のたどり着いた。
40分以上もかかった。

その間、カナディアンたちは2回滑り降りていた。
もう一度滑ってくると言ってリフトのほうにまた行った。

ウィスラーもブラックコムも最長コースはどちらも11kmもある。

その当時はどうだったかしらないが、途中で何度か休憩しなければ下まで降りられないほどコースは長い。

おそらく日本でスキーをする1週間分を1日で滑ることになるだろう。

2010年にはここでオリンピックが開催される。

ウィスラーは世界でもトップクラスのスキー場なのだ。

本気でスノーボードをしたい人

( ^o^)ノ\(^o^)/(v^-^v)
は〜い ぼくも わたしも!

スノーボード




日本、カナダと引き分ける

カナダの高校ラグビー
カナダの高校ラグビー

今、ラグビーのワールドカップが行われている。

先日、日本対カナダの試合があった。テレビで放送していたのだが、すっかり忘れていた。スイッチを入れるともう後半の残り15分ほどだった。

試合は12対5で負けていたのだが、日本が敵陣深く攻めていた。何度も防御ラインを突破しようとするのだが、カナダの必死のディフェンスによってなかなかトライを奪えない。

時計は後半40分を過ぎていた。

次のプレーで、ボールデッドになればもう負けだ。

(ハラハラドキドキ)

ゴール前の密集(ラック)からボールが出る。

ボールをもらった選手が右のほうへ走る。

ディフェンスが捕まえようとする。

渾身の力を振り絞って、ゴールラインの向こう側に飛び込んだぁ〜!

ト・ラぁ〜イ!

(喜びで興奮)

しかし、この時点ではまだ12対10で負けている。

最後のキック(コンバート)を決めなければならない。

キッカーが走って乱れた息を整え、慎重に目標を定める。

そして、、、

(緊張の瞬間)

白いボールは一直線に2つのポールの間を通り抜けていった。。。

大・成・功!

\(^o^)/ バンザーイ
\(^-^)/ バンザーイ
\(^o^)/ バンザーイ


試合は引き分けなのに、まるで勝利したような喜びが沸き上がってきた。

日本はワールドカップの第2回大会(1991年)のジンバブエに勝ったことがあるだけ。
その後も大会には出ているものの、負けてばかり。

なので、今回の引き分けは16年ぶりに連続負けをくい止めたということだ。

よかった、よかった。

ついでに「ラグビーの世界ランクトップ10」を書いておこう。
(2007年9月現在)

(1)ニュージーランド
(2)オーストラリア
(3)南アフリカ
(4)アルゼンチン
(5)フランス
(6)アイルランド
(7)イングランド
(8)ウェールズ
(9)イタリア
(10)スコットランド

(14)カナダ

(18)日本

( ^o^)ノ \(^o^)/ (v^-^v)
今日も笑顔に1票を!

本気でスノーボードをしたい人

BC Place の屋根の修理

 このカテゴリーは今回でやっと2つ目の記事。カナダってなんとニュースが少ない国なんだろう。

 という訳ではもちろんないのだが、この数ヶ月間は何でもかんでもカナダLIFEのカテゴリーで書いていたから、これからはもう少し細かく分けていこうかと思う。

 記事がはっきりと分野ごとに決められるのなら簡単なのだけれど、内容がオーバーラップしていることもあるから難しい。

 さて、本題に入ろう。

 冬の嵐がバンクーバーを襲ったのは2週間ちょっと前。そのとき、バンクーバーでは良く目立つ存在である「BCプレース」(BC Place)の屋根の一部が強風で壊れた。

BCプレース
BC プレース テント式屋根を空気で持ち上げている

 一部だけの損壊だとまだいいのだが、このドームは中から空気を送り込んで屋根を持ち上げている。(この方式のドームでは世界一大きいらしい。)

 だから、一箇所穴が開くと全体がしぼんでしまうのだ。

 冬の嵐の後も雨や雪やらで壊れた穴から水が入り、内部のコンクリートで出来た床には大量の水溜りが出来た。

 そして、2週間かけた修理が、昨日やっと終わった。

BCプレース 壊れた屋根
冬の嵐によって壊された屋根の一部

 BCプレースといえばカナディアンフットボールのBCライオンズの本拠地だ。今シーズンはカナダのチャンピオンシップであるグレイカップを制してチャンピオンになった。

 また、4.15ヘクタールあるドームには6万人を収容することが出来る。なので、年間200〜220日ほどがなんらかのイベントに利用されている。

 私が前に見に行ったのはボートショーと子供のためのゴルフクリニック。

 ボートショーはいつかは加山雄三のように自分のヨットかボートを持って世界中を周ってみたいという夢のために下調べに行ったのだ。8千万円ほどするボートが気にいったのだが。。。ははは、夢夢。。。(その前に家を買えっつぅ〜の) 

 ゴルフクリニックのほうは長男にゴルフを教え始めた頃で、いつかはタイガーウッズのようにと。。。ははは、夢夢。。。(もう大学生になってしまってるぅ〜)

 他にもトレードや自動車ショーなどのビジネス、室内サッカーやラクロスなどのスポーツイベント、コンサートやファッションショーなどの文化的な催しなどにも使われている。

 バンクーバー人としてはドームが直って本当に良かったと思う。

 2010年の冬季オリンピックではここでオープニングとクロージングセレモニーが行われる予定だし、それになんといっても今までから目立つ建物でバンクーバーの象徴的存在だったしね。

 でも、一つ気になることがある。

 ドームの屋根はテフロン加工のグラスファイバー繊維で出来ている。修理した部分は新しくて真っ白。片や古い部分は1983年設立当時のものだから、長年の雨風で色あせている。だから直したところが目立ってしまうのだ。

 まあ、それでもいいか。。。何年か経って、2007年の冬には嵐が来て、あの屋根を壊してしまったんだよ、なんて懐かしく思うかもしれないし。。。

 久しぶりに今年は何かのイベントを覗きにBCプレースに行って見るか。。。


素直な子どもに育てるなら、カナダがいい。

小学生正規留学
中学生、高校生の諸君、カナダの学校で勉強してみませんか?
中高生正規留学 

ブログランキングに1票お願いしま〜す。 ( ^o^)ノ  ←ここをクリック
ここにも1票よろしくお願いしま〜す。 m(_ _)m  ←ここをクリック

| 1/2PAGES | >>